2016年度(平成28年度)
子ども達の様子

トップページに戻る

クリスマスのお話

すみれ組はクリスマスページェントの準備として江刺教会の邑原宗男牧師からクリスマスのお話をして頂きます。
11月8日(火)、17日(木)、25日(金)の3回、牧師のお話をお聴きします。

ページェントの配役を決めなければなりません。今年はマリヤさんの役を希望する女の子が多くこれからオーディションをして配役を決めることになります。牧師はどの役もとても大切な役であり、一つでも欠けたらこのページェントはできなくなるとお話しました。

これは単なる劇ではなく、神様を礼拝するキリスト教にとってはとても大切な時であることもお話ししました。みんなが心を一つにしてこの聖誕劇を創ることが江刺保育園の伝統になっています。

そしてこの保育園が教会によって創られた証しであり、信仰の証しとなるのです。同時に、この劇によって子どもたちが神様から守られ、祝福されて大きく成長していることを証ししているのです。

  

江刺第1中学校2年生の保育体験

9月27日から28日の2日間保育体験学習が行われました。5人の中学生は当初思っていたよりも保育は大変な働きだという感想が述べられましたが、保育園の子どもたちと楽しく過ごすことができたようです。

 
紹介式が行われそれぞれ自己紹介をしてもらいました。この中の2名は江刺保育園の卒園児です。

江刺南中学校2年生の保育体験

3名の中学2年生が7月27日から29日の3日間保育を体験しました。その内2名は江刺保育園の卒園生でした。
7月27日紹介式が行われました。3日間一生懸命に保育を体験していました。

 
午前10時10分から紹介式が行われ自己紹介をしてもらいました。
  
クラスの分かれて保育を体験してもらいました。

わんこダンスキャラバン

5月31日(火)10時より岩手国体のメインキャラクターであるわんこ兄弟のオモッチが来園しました。
皆でわんこダンスを練習し楽しみました。

  
わんこダンスを奥州市の国体推進委員のお姉さんからダンスを教えてもらいました。

4月も終わろうとしています。もうすぐ5月の連休になります。暖かい良い天候が続き子どもたちは園庭で元気に遊んでいる姿が多く見られるようになりました。今年度初めて江刺保育園に入園したお友だちもみんな楽しく過ごすことができるようになっています。

  
4月当初の様子。5年前の大震災で頂いた桜の樹は順調に育ち昨年から花が咲きました。
今年もたくさんの花が咲きそうです。
  
みんな元気に外で遊んでいます。
  
鯉のぼりを飾りました。さくら組が作った鯉のぼりです。
  
園庭の入口に植えてある紅白の花見月が見事に咲いています。