すみれ組食育活動
リンゴの授業
リンゴの成長と味比べ

トップページに戻る

12月18日(月)午前10時から5歳児すみれ組では、奥州市江刺区梁川にある栗生沢りんご園の佐藤英雄先生(江刺保育園の保護者会長)に来て頂きリンゴの授業をお願いしました。快く引き受けて頂き、1年間のリンゴの成長の様子と人がどのように手を加えているのかを教えて頂きました。そして5種類のリンゴを持って来て頂きその味比べをしてみました。どのリンゴもとてもおいしいのですが味が其々特徴がありました。子どもたちは初めに「サンふじ」と言うリンゴを食べ、その後5種類のリンゴを食べてその中で「サンふじ」がどれなのかを当てる利きりんごをしてもらいました。この日の為に貴重な時間を創って頂いた佐藤先生に心から感謝です。ありがとうございました。

  
りんごについてこれからお勉強をします。佐藤英雄先生が子どもたちにお話して下さいます。
  
カレンダーを使いいつ葉が出てきて花が咲き、授粉をいつするのか、いつごろ収穫するのかを分かり易く教えて頂きました。
その後「サンふじ」と言うリンゴを食べ、5種類の中からどれが同じサンふじなのかを当ててもらいました。
  
全員5種類のリンゴを食べ、どれが最初に食べた「サンふじ」なのかを当ててもらいました。
  
正解したのは一人だけでした。最後にご挨拶をして終了です。11時15分でした。佐藤先生ありがとうございました。

5種類のリンゴは左から
「きんせい」「おうりん」「しなのゴールド」「サンふじ」「はるか」でした。