2020年度運動会

トップページに戻る

運動会プログラム

コロナウィルスの影響によって運動会を中止するところが多くなっています。奥州市でも感染者が出たので、心配な状況になっていますが、私たちは開催することを決断しました。運動会に参加するのは3歳児以上の子どもたちで、保護者は父、母の2名までとしました。0から2歳児は家庭で見守りができない方のために保育園での保育を行うことにしました。事前に参加者の名簿を把握し、検温をして熱の無いことを確認し、入場して頂くことにしました。いつもはお昼をはさみ午後までのプログラムでしたが、今回は9時30分から11時30分までの運動会にしています。

当日は蒸し暑い日でしたが、子どもたちは全員参加しみんな元気に運動会を楽しんでいました。保護者の皆様も静かに声援を送ってくださいました。入場は混乱もなく時間通りに開催することができました。

 
開会前にアトラクションとして「中田太神楽」の後、子どもたちの入場です。
 
子どもたちの初めの言葉、準備体操、誓いの言葉があり運動会が始まりました。
 
クラスごとのかけっこ
  
運動遊びで練習してきた鉄棒も障害物競技の中に入っています。
 
5歳児すみれ組は縄跳びが競技の中に入っています。最後は4歳児、5歳児の紅白リレーです。
 
白熱したレースでした。
 
白組の勝利でした。みんな頑張りました。
 
保護者会長からのお話し、そして、子どもたちの終わりの言葉で運動会は終了です。

昨年度は運動会の次の日からインフルエンザが大流行になってしまいました。今年はみんな元気に登園し全員出席でした。保護者の皆さまのご協力によって運動会を開催することができました。子どもたちがしっかり成長している姿を確認することができました。コロナの状況ですが子どもたちから励ましてもらった運動会でした。一生懸命に頑張ってくれた子どもたちに心から感謝です。ありがとう。