豆まき会

トップページに戻る

2月1日(金)に毎年恒例の江刺保育園豆まき会が行われました。今年の鬼さんも保護者会より2人のお父さんです。福の神は保護者会長が江刺藤原の郷から陰陽師の衣装を借りて登場することになっています。この日の子どもたちは鬼が来ることは知っていて、どうしても恐怖感が表情に現れていました。始めにクラス毎作った鬼のお面を付けてホールに集合しました。そして、お面の紹介が終わると、鬼さんたちの登場です。小さい子はびっくりと恐怖で泣きます。大きな子は勇敢に豆を投げます。そして、陰陽師が登場し鬼を追い払ってくれました。

子どもたちの泣き声と鬼の声と入り混じってホールは騒然となります。子どもたちが泣いている姿を見ていると少し罪悪感を持ってしまうのですが、勇気のある子は鬼さんに抱っこしてもらって下さいと初めの挨拶をしましたが、誰も抱っこされた子はいませんでした。投げる豆が少ないと子どもたちから要望が有りました。

  
鬼のお面を付けてホールに集まりました。ひよこ組、ちゅうりっぷ組、たんぽぽ組
  
さくら組、すみれ組、鬼のお面をどのように作ったのかクラス代表が説明しています。
  
いよいよ鬼の登場です。こどもたちを怖がらせている時に陰陽師が登場しました。
  
陰陽師が鬼を追い払ってくれました。
  
ひよこ組、ちゅうりっぷ組、たんぽぽ組
 
さくら組、すみれ組

鬼さん、陰陽師さん、ありがとうございました。