日本基督教団
え さ し き ょ う か い
江 刺 教 会

江刺保育園のトップページに戻る


桜が咲いた風景(邑原牧師撮影)


江刺保育園の子どもたちは、社会見学で郵便局を見学した後、教会でお弁当を頂きました。

2009年度の江刺教会の活動を報告いたします。今年度もよろしくお願いいたします。
このページは江刺教会の邑原宗男牧師の承認を得て、江刺保育園長、江刺教会役員である遠藤清賢が作成しております。

 教会は毎週、日曜日、水曜日、木曜日に礼拝や集会を行っています。
だなたでも自由に参加できます。いつでもどうぞお出で下さい。

毎週日曜日  主日礼拝        午前10時30分より
毎週水曜日  聖書を読む会      午後  1時30分より
毎週木曜日  聖書研究祈祷会     午後  7時30分より
〒023−1112   奥州市江刺区南大通り4−26 
日本基督教団江刺教会         牧師  邑原宗男    
電話0197−35−4454



2010年1月〜2月 江刺教会邑原宗男牧師活動予定


         2月 8日 奥羽教区常任常置委員会 於 奥羽教区事務所 牧師 11時
       2月11日 岩手地区教師会 於 奥羽キリスト教センター 牧師 10時30分
 岩手地区2・11集会 於 奥羽キリスト教センター 牧師他 13時30分
       2月15〜16日 第36総会期第4回常議員会 於 教団会議室  牧師
        3月1〜2日 教団宣教方策会議 於 富士見町教会 牧師
       3月 5日 世界祈祷日礼拝 於 花巻教会 10時

       3月 8日 奥羽キリスト教センター運営委員会
  於 奥羽キリスト教センター 牧師 14時
       3月15〜16日 第9回奥羽教区常置委員会 於 奥羽教区事務所  牧師

       3月21日 第3回岩手地区会 於 下ノ橋教会  15時

        3月22日 大船渡教会献堂式 13時30分 教区問安使

2月16日(火)午前4時26分 菊地三郎兄が天に召されました。
2月19日(金)午後7時より 前夜の祈り 江刺教会礼拝堂
2月20日(土)午前10時30分より 葬送礼拝 江刺教会礼拝堂
午後1時 火葬  胆江地区広域火葬場「さくらぎ苑」

2月17日 灰の水曜日 レントに入ります。
 




 
礼拝堂
正面のステンドグラスは建築時、当時の高校生がガラスにペンキで描きました。


正面のステンドグラスの絵

江刺教会創生期の牧師 足達信三郎牧師(左)
江刺出身でハワイで伝道された会堂建築のために祈り、献金を献げられた。後藤鎮平牧師(右


菊地三郎兄の逝去を心から悼み、葬儀の様子をお知らせいたします。

2月16日(火)早朝4時26分、三郎兄はご家族に見守られ、胆沢病院において逝去いたしました。19日前夜の祈り、20日葬送礼拝、火葬が滞りなく行われ、21日主日礼拝の後、菊地三郎兄を偲ぶ会が行われました。

前夜の祈り会のために準備された礼拝堂 19日午後6時、三郎兄の遺体がご自宅から
礼拝堂に運び込まれました。
つい最近までお元気でした。
いつも優しく微笑んでいました。
19日午後7時より前夜の祈り会が行われました。 礼拝堂に入りきれず、集会室も多く方々が
お別れに来て下さいました。
喪主としてご挨拶される
三郎兄ご長男の菊地一博先生
葬送礼拝受付 礼拝前のいく子夫人、そして一博さん 葬送礼拝説教をされる邑原宗男牧師

 
多くの方々が礼拝に参加されました。

葬送礼拝後喪主の挨拶 礼拝終了後参列して下さった方から
お花がご遺体の前に飾られました。
最後にご家族によってご遺体に花が飾られました。
葬送礼拝が終了し火葬に出る前の一時 火葬へ出発 火葬前の祈り


 
21日の主日礼拝においてご挨拶される菊地いく子夫人 その後に行われた偲ぶ会の様子

菊地三郎兄が礼拝に参加することは無くなってしまいました。故人が使用していた椅子や聖書、讃美歌などそのままになっています。
大きな喪失感が私たちを襲っています。共に信仰をもって礼拝をまもったことを神様に感謝し、この出来事が信仰生活の励ましとなるように、
悲しみがよき思い出となるように、教会がよき歩みをできますように、私たちが今できることは心から祈るだけです。


転入信徒歓迎会
2009年12月の役員会に置いて江刺教会に転入された目時トミ姉妹の歓迎会が2月7日礼拝後に行われました。
食事は女性の会が用意して下さり楽しく歓迎の時を過ごすことができました。

  
用意された食事  門脇姉妹からのお花のプレゼント  目時姉妹の御挨拶

松戸幸谷教会より転入された目時姉妹は90歳を超えてもなおお元気です。神様の豊かな祝福を頂きこれからも変わらず、健康が支えられ共に感謝のうちに礼拝を守ることができますように、教会員一同祈りを合わせました。

2009年度岩手地区講壇交換礼拝
2010年1月24日2009年度講壇交換礼拝が行われました。千厩教会の三河豊牧師を迎え礼拝が守られました。
説教:「洗礼者ヨハネとイエス」 聖書:マタイによる福音書11勝2〜19節
礼拝後、教会員の1品持ち寄りによる愛餐会が持たれ、江刺教員の自己紹介があり、三河先生より千厩教会の近況が報告されよき交わりの時を過ごすことができました。
  
愛餐会の様子と用意された食事

三教会新年合同礼拝

1月1日(金)午後1時30分より北上教会で行われました。北上教会10名子ども3名、水沢教会6名、江刺教会5名、土沢教会2名の参加者でした。開会礼拝では北上教会員の小田嶋義幸兄より奨励があり、その後祝会が持たれました。一人一芸がそれぞれ披露され楽しい交わりの時を持つことができました。2011年の1月1日は江刺教会が会場になります。

 
奨励される小田嶋兄、参加者全員で記念撮影
  
祝会の様子

2090年度クリスマス記念礼拝

12月20日(日)雪のクリスマス記念礼拝になりました。いつもの通り10時30分より始まりました。この日は江刺保育園すみれ組のクリスマスページェントも行われるため、保育園関係者の家族がたくさん参加されました。礼拝は子どもたちと一緒の合同礼拝でした。約40分礼拝時間でしたが子どもたちは騒ぐことなく一緒に賛美し、説教を聞いていました。礼拝後直ちに祝会に移りクリスマスページェントが厳かに行われました。最後に参加された方全員に、手作りのクッキーがプレゼントされました。

 
礼拝前の講壇、礼拝に集まった人たち
 
クリスマスページェント



11月23日奥羽教区臨時総会

奥羽教区臨時総会が行われました。2人の教師の按手礼が執行されました。
  



チャペルコンサートが行われました。

11月29日(日)午後2時より、東京都交響楽団のチェリスト松岡陽平氏、ピアノは御子柴聖子を迎え江刺教会礼拝堂において盛大に行われました。演奏曲目はブラームスのチェロとピアノのためのソナタ、シューベルトのアルペジョーネソナタ、そしてバッハの無伴奏NO1、ベートーベン月光ソナタ、エリーゼのために、ショパンのバラード、アンコール曲としてシューベルトのアヴェマリヤとブラームスの子守唄が演奏されました。礼拝堂はチェロの振動に調和し非常によい響きでした。2時間を超える演奏会でしたが、みなさん良い音楽に触れ恵まれた時を過ごすことができました。おおよそ85人の参加者でした。

 
午前の礼拝で讃美歌を演奏して頂きました。コンサート前のリハーサル

 
バッハの無伴奏チェロ組曲第1番を演奏される松岡先生
シューベルトのアルペジョーネソナタの演奏


クリスマスのお話
保育園のクリスマス発表会の聖誕劇のために、邑原宗男先生から子どもたちにクリスマスのお話が3回持たれます。

邑原宗男先生のお話をもとにして子どもたちは自分が一番良くできる役をそれぞれがイメージします。
1回目のお話が終わって配役が決まります。


2009年度江刺教会逝去者記念礼拝・墓前祈祷会

8月9日(日)この日の礼拝は逝去された信仰の先達を覚え、その方々を記念する礼拝が行われました。
昨年までは炎天下でしたが今年は曇りの天候で比較的過ごしやすかったと思います。
逝去者記念礼拝の後、教会で用意した昼食を頂き予定していた向山墓地、瑠璃苑、見分森墓地に7名で出発しました。
見分森墓地で菊地三郎兄、いく子姉そして及川幸子さんと合流し全員で10名が墓前祈祷会に参加されました。
墓前では生花を飾り讃美歌、聖書朗読、祈り、讃美歌の順で祈祷会を行いました。
見分森墓地では祈祷会終了後にみんなでお茶を頂き帰途につきました。
  
逝去者記念礼拝の様子。礼拝後、墓前祈祷会出発前の食事の様子
  
向山墓地(故足達信三郎牧師、故鈴木新作さんと故糸子さん、故荻田ツル姉)。瑠璃苑(故松原タキ姉)
 
見分森墓地にて



2009年度岩手地区修養会

7月28日(火)〜7月30日(木)岩手県花巻市ホテル志戸平において行われました。主題「信仰と生活と音楽と―僕と教会と音楽と―」 講師:陣内大蔵教師(東美教会)

今回の修養会は日程だけが決定されていました。実行委員会が組織され、実質的に動き出したのが6月からでしたのでした。準備期間が非常に短くはたしてどんな修養会になるのか、実行委員の一人として非常に心配でしたが、良い講師が与えられ、それぞれの実行委員の働きが支えられて、よい修養会を行うことができました。約70人の参加者でした。28日は開会礼拝の後、自己紹介、参加された各教会の紹介と交わり、3名の信徒の証が行われました。2日目から講師の講演、そしてシンガーソングライターでもある陣内先生のコンサートでした。最終日は分団と講師を交えての分団報告、質問、そして閉会礼拝でした。

「僕の家は教会だった」の著者でもある陣内先生から牧師家庭の様々なエピソード、そして裏話が面白く語られました。そして先生の生活の中に自然としみこんでいたキリスト教の生活が今の陣内先生の自分自身の生きる糧になっていることを話していただきました。陣内先生の持っている音楽の才能を自分の信仰を表現する力として伝道の道を歩んで行きたいという気持ちが、コンサートを聴きながら伝わってきました。

私たちは自分自身の信仰生活が今の自分にとってどんな位置にあるのか、この修養会で立ち止まり、振り返り、深く考えることが出来たと思います。そして、教会に行くことで、知らず知らずのうちに祈られ、支えてられていることに気付かされた修養会であったというのが私自身の感想でした。

 
28日午後3時からの開会礼拝です。そのまえの受付の様子。開会礼拝で説教される地区長の小林功牧師
 
交わりの時、参加された一人ひとりから自己紹介を兼ね簡単なメッセージをもらいました。
  
3名の信徒さんからそれぞれ証が語られました。
 
陣内先生の講演
 
午前中の講演での演奏、夜のコンサート
  
コンサートの会場の様子 記念撮影
 
子ども修養会の発表「友達になるために」手話を交えて発表して下さいました。
  
分団での質疑応答、感謝の言葉が陣内先生に述べられました。
最後に閉会礼拝 説教は生嶌陽子牧師でした。


日詰教会90周年
7月19日午後3時より日本基督教団日詰教会の90周年記念礼拝・感謝会が行われました。
礼拝説教は邑原牧師により行われました。
  
礼拝司会は日詰教会井上智牧師、説教は奥羽教区総会議長 邑原宗男牧師により行われました。

礼拝が終わり記念撮影
  
会場を日詰幼稚園遊戯室に移動し感謝会が行われました。
邑原議長の挨拶、岩手地区長 北上教会牧師 小林功牧師の挨拶が行われました。

感謝会では日詰出身でクリスチャンの巽聖歌について教会役員より紹介があり、手作りの作品集を記念に頂きました。

2009年度ペンテコステ記念礼拝
5月31日ペンテコステ記念礼拝が行われました。
この日は激辛カレーを祝会で戴くことになっていました。
邑原牧師は十二指腸潰瘍のため激辛カレーを食べることが禁止され一人シチュウを食べていました。
 


2009年度奥羽教区総会
5月26日から27日奥羽キリスト教センターにおいて奥羽教区総会が行われました。
今回の総会は役員改選期になっていて、三役、常置委員が選挙されました。
三役は議長、副議長、書記は全員再任されました。
教団問安使に対して十分な質疑応答の時間が設けられ、直面している多くの課題について要望意見が述べられました。
用意された議案は、ほぼ提案どうり承認され2009年度がスタートしました。
 
開会礼拝
 
按手礼を司式する邑原議長
 
准允を司式される邑原議長、安手、准允を受けられた教師の挨拶

議長報告 A4で7ページに渡る長文の議長報告でした。
2,3の質問がありましたが、原案どうりに承認されました。


遠野教会牧師就任式
5月10日(日)遠野教会に4月より着任された三浦洋一牧師就任式が行われました。
三浦牧師は奥州市江刺区の出身です。
これからの三浦先生のお働きの上に、遠野教会の上に神様のゆたかな祝福を祈ります。
 
遠野教会礼拝堂
 
邑原奥羽教区総会議長の司式により牧師、教会員の誓約が行われました。

記念撮影
 
祝会の様子


2009年度岩手地区会総会

4月29日(火)日詰教会において岩手地区会の総会が行われました。

日詰教会正面
今年度日詰幼稚園が認定子ども園となるため、教会も改築される予定だそうです。
  
新しく奥羽教区遠野教会に就任される三浦牧師のご挨拶    議場の様子  2008年度の三役
 
三役改選され新しく地区長に就任した小林牧師の挨拶
地区長、書記、会計、それぞれ新しい役員が選ばれました。

教会の庭でお花見

4月19日礼拝後、教会の庭に咲いた桜の木の下でお花見昼食会を行いました。
邑原路得子夫人の心づくしの手料理を頂きながら、恵の時を共有いたしました。感謝です。
 



2009年度イースター礼拝
4月12日(日)イースター記念礼拝でした。

 
教会玄関に飾られた花

 
祝会ではイースターエッグ入りのうどん、牧師夫人お手製のフルーツポンチ、教会員自家製の沢庵を頂きました。


新生釜石教会から購入したワカメも入りおいしく頂きました。