2020年度理事会、評議員会報告

トップページに戻る
2019年度のページ

2020年度指導監査について

2020年度の指導監査の日程が決まりました。奥州市による法人本部の指導監査は8月5日(水)午前10時より行われます。
県南広域振興局の指導監査は8月25日(火)午後3時から30分間で行われます。

いずれの指導監査も立ち合い者は最少人数での立ち合いとなり、監事の立ち合いは無しとなっています。

2020年度(令和2年度)定時評議員会報告

理事会の決定通り5月22日(金)午後2時より評議員会は開催されました。2019年度の事業が報告され、2019年度決算が審議され、原案通り承認されています。新理事についても理事会の推薦の通り承認されました。

今回の評議員会は新たに選出された3名が加わり7名での評議員会でした。初めに自己紹介をして頂きました。

2020年度(令和2年度)第1回理事会報告

5月7日(木)午後2時より行われました。コロナウィルスの感染拡大によって集まらないで文書決議をする法人が多くなっていましたが、私たちは通常の通り集まっての理事会を行っています。理事は職員が多く、マスク着用、体調の悪い役員は欠席することをお願いしての開催でしたが、監事1名を除く全員が参加してくださいました。

議案は施設拠点区分最終補正予算の承認、2019年度事業報告の承認、2019年度決算の承認、理事退任による新役員の選任について、その他、という議案でした。

補正予算は本部への繰入、積立金の確定を計上し、科目の過不足を調整して承認となりました。事業報告はほぼ原案通り承認されています。決算は事前に税理士事務所の監査を受け、監事監査も終了しています。原案通りに承認されています。本部会計への繰入金は352,212円、保育所施設・設備積立金は3,000,000円とし、当期収支資金差額は1,368,340円となり当期末支払資金残高は20,454,628円となっています。新理事の委嘱については菊池千枝理事の退任希望により江刺教会に着任した掛江隆史牧師に理事就任について承諾を得ることができ、新しい理事として評議員会に推薦することが承認されています。

評議員会の開催を5月22日(金)にすることを決定し理事会は終了しました。