2022年度日本基督教団
江刺教会

2021年度のページ
2020年度のページ
2016年度、2017年度のページ
2018年度、2019年度のページ
沿革のページ

保育園のトップページに戻る

掛江隆史牧師が赴任されてから2年が過ぎました。コロナの為本来の教会活動が出来ない状況ですが、主日礼拝、聖書研究祈祷会、聖餐式、その他祝節礼拝は滞ることなく教会に集い実施することが出来ています。少ない教会員ですが僅かながら礼拝出席者が増えています。教会会計も2021年度決算は経常会計は毎年赤字で借入や繰入で凌いできましたが、今年度は設定した予算を上回り、2022年度に向け多少余裕のある予算設定が出来たことは感謝でした。神様の祝福と多くの教会、教会員の皆様のお祈りによって支えて頂いたことにより江刺教会が守られていることを確認し、心から感謝しています。

掛江隆史牧師は今年度正教師試験があります。
しっかり準備をして合格されますよう教会員一同心から祈っています。

江刺教会住所 〒023-1112 奥州市江刺南大通り4-26 
日本基督教団 江刺教会 電話0197-35-4454
郵便振替 名義:江刺教会 口座番号 02340-1-40347
江刺教会のメールアドレス:esashi-ch@iaa.itkeeper.ne.jp

牧師:掛江隆史(かけえ たかふみ)

礼拝堂正面のステンドグラス


  

  
南側の窓上に6個のステンドグラスが配置してあります。

 
駐車場

講 壇

  集会案内
どなたでも自由に参加できます。
 毎週日曜日主日礼拝   午前10時30分より  掛江隆史牧師による説教が行われています。
毎週水曜日聖書を読む会  午後1時30分より  掛江隆史牧師によって行われています。 
毎週木曜日聖書研究祈祷会   午後7時30分より 掛江隆史牧師によって行われています。 




ウクライナの人たちのために募金を始めました。平和を祈ります。

 
4月3日の礼拝説教、祝祷をされる掛江隆史牧師


 
久しぶりに教会庭の樹木の伐採が6月20日より3日間、奥州市シルバー人材センターによって行われました。

7月31日の教会

週報 説教要旨
4月  3日 10日 17日 24日     3日  10日  17日  24日    
5月  1日 8日 15日 22日 29日  1日 8日 15日 22日 29日
6月  5日 12日 19日  26日   5日 12日  19日  26日   
7月  3日 10日  17日  24日 31日  3日 10日  17日  24日  31日 
8月 7日 14日  21日   28日 14日 21日  28日  
9月 4日 11日 18日  25日    4日  11日 18日  25日  
 10月 2日           2日        

下ノ橋教会献堂式

9月18日(日)15時盛岡の下ノ橋教会の献堂式が行われ参加しました。掛江隆史牧師は江刺教会牧師として遠藤清賢役員は奥羽教区問安使として参加しました。長年の懸案であった礼拝堂がついにこの日を迎えることができました。コロナ禍のため地区内教会より1名がお祝いに参加されました。多くの困難を乗り越え、神様のお支えと祝福によって大きな恵みが与えられたことを一同感謝いたしました。

 
献堂の誓約と説教をされる松浦牧師 祝辞を述べられる相良岩手地区長
 
祝会で挨拶される松浦牧師 最後に感謝の祈りを献げられる大澤下ノ橋教会役員

井上智牧師を迎えての8月の平和聖日礼拝

8月7日の礼拝は関西学院大学神学部助教井上智牧師(前奥羽教区日詰教会牧師)を迎え平和聖日礼拝を守ることができました。礼拝説教と聖餐式が行われました。昨日仙台での働きがあり、奥羽教区までいらしていただき江刺教会の礼拝説教、聖餐式の司式を行って頂きました。礼拝説教終了後宮古教会の森分和基牧師に会うために愛さんの時に加わることなく江刺を発たれました。江刺教会に来て下さったことを心から感謝致します。

 

 
礼拝説教、聖餐式の司式、祝祷をなされる井上智牧師

7月31日の礼拝後、江刺教会女性の会主催によって奥州市総括総合支援センターの保健師髙橋法子さんによる「私の生き方ノート」についての研修を行いました。終末期の生活についてどのように過ごせばよいのか「私の生き方ノート」を活用してそれぞれの人生の過ごし方を提案してもらいました。自分だけに留めとくのではなく身近な家族や友人たちに自分の今の思いを伝えて生きることによってさらにより良い人生を喜びの内に過ごせるのではないでしょうか?というお話しでした。有意義な恵まれた研修となりました。

 
11時45分から約30分間の研修でした。
奥州市保健師の髙橋法子さん
 
お話しの後、遠藤則子姉と掛江隆史牧師から質問が出されました。
コロナ感染が拡大している為、講師を囲んでの愛餐会は出来ませんでした。

自分自身の終末について、年老いた家族の終末と介護について信仰をもって生きることと共に、この地域社会の中でどのように生きるのが良いのか考えることができました。

三教会(北上、水沢、江刺)野外合同礼拝

6月26日(日)礼拝後、午後1時30分より毎年恒例の北上、水沢、江刺の3教会合同野外礼拝が水沢の見分森公園にある教会墓地で行われました。礼拝説教は江刺教会の掛江隆史牧師が担当しました。その後それぞれの教会から近況が報告され1時間後に終了しました。教会墓地は周りの樹木が伐採され見通しがよくなり日差しが注ぎとても明るくなりました。この日は30度近い猛暑でしたが、風があり過ごしやい天候でした。コロナ禍のため食事を持ち寄り会食をすることは出来ませんでした。来年度は江刺教会が会場担当になります。礼拝献金は岩手地区教会連帯支援として献げられました。

 
見分森墓地で行われました。説教される掛江隆史牧師
 
北上教会の報告をされる酒勾節雄兄、水沢教会の報告は佐々木徹兄でした。
江刺教会の報告は遠藤清賢が行いました。

 
全体で20名の参加でした。

ペンテコステ記念礼拝

6月5日の礼拝はペンテコステ記念礼拝です。礼拝後祝会が行われました。今年もカレーが準備されました。カレー以外にもサラダ、デザート、鹿肉のオリーブオイル付けが出されています。祝会後西の空に彩雲が広がっていました。

 
説教されている掛江隆史牧師、礼拝後の祝会の様子。
 
カレーとデザートそしてサラダが準備されました。サラダに添えられているのは鹿肉です。
1時ごろ西の空に彩雲が広がっていました。


スモークトリーが大きくなりました。


4月の教会の様子
 
4月10日雪がすっかりと消えました。桜の花は未だ咲きません。
 

4月17日さくらは満開になりました。
 
桜は1週間ほどで散ってしまいました。新しい花が咲いています。
 
5月になり庭は多くの花が咲いています。特に藤の花が綺麗に咲きました。

岩手地区、奥羽教区について

岩手地区総会が行われました。江刺教会はオンラインで参加しました。盛岡松園教会の平澤牧師が転籍したため新しい地区長選挙が行われ一関教会の相良昌彦牧師が選出されています。書記は鈴木道也牧師(花巻教会)、会計は加藤直樹牧師(北上教会)が再任されました。2022年度新たに赴任した教師は舘坂橋教会に乙成仁史補教師、盛岡松園教会は上野和明牧師、小川幸子牧師お二人はご夫婦です。遠野教会は森由紀牧師、土沢教会は鳥潟紘一補教師です。舘坂橋教会の乙成仁史補教師と土沢教会の鳥潟紘一補教師より准允受領願いが常置委員会に提出されています。お二人とも若い教師です。これからの働きを祈り、期待しています。

奥羽教区総会は飯田敏勝総会議長が母教会である静岡県の草深教会より招聘があり転出されたことにより副議長であった八戸小中野教会の小林よう子牧師が議長となりました。副議長は江戸清牧師が常置委員会より互選されています。また奥羽教区の総会は今年度も文書決議となりました。役員選挙も郵送で行うことになりました。全体修養会は残念ながら中止となっています。

イースター記念礼拝

4月17日の礼拝はイースター記念礼拝でした。礼拝後に祝会を行い親子丼を頂きました。前日にイースターエッグが用意され、教会員や近隣の方々、関係保育施設の職員に渡されています。祝会終了後に2022年度の江刺教会総会が行われました。役員はそのまま留任となり、新しい監事が推薦され就任しています。責任役員、奥羽教区総会出席員は留任となりました。会計決算は毎年赤字でしたが2021年度の決算は余剰金が得られました。礼拝出席者も僅かですが増加しています。コロナ禍で多くの教会が厳しい状況にある中私たちの教会は多くのお恵みを頂くことが出来ました。感謝です。

 
礼拝説教、祝祷をなされる掛江隆史牧師
 
イースターエッグと祝会に用意されは親子丼